[クレンジングと洗顔方法] 美肌になりたい!

今年で26歳になるのですが、恐れていた”お肌の曲がり角”に直面しています。 人生の先輩方からは「26歳ぐらいから、花咲くようにシミが出てくるよ」と教わってはいたものの、いざ出てくると悲しい。。 最近感じるお肌の悩みとしては、シミ、くすみ、ニキビ、赤み、乾燥、毛穴の開きと黒ずみ、ベタつき…などなどオンパレードで、ふとした時に鏡をじっと見てしまいます。 これはお肌の習慣変えた方がいいなと思い、お肌を洗顔とクレンジング方法を習得してまいりました。

モイスティーヌ 日本橋店へ行ってきました

モイスティーヌさんの洗顔体験に参加してきました。 アドバイザーの方全員がノーファンデとは思えないほど肌が綺麗で、お話聞きながら見入ってしまうほどでした。 そして体験後、「お肌が綺麗になるとこんなにも自分に自信が持てるんだ〜!」と感じ、ますます美肌になりたい意欲が強まりました。

クレンジングと洗顔中のポイント

  1. とにかく”擦らない”を意識
    お肌はサランラップやティッシュぐらいの薄さなのだそうです。
    これを擦っていると破れたりしわしわになったりするように、お肌も毎日擦っているとくすみやシワにつながっていきます。
    どの工程でも、擦らず手でおさえることで肌への負担をかけないようにする意識が大切です。
  2. 体にかかったら冷たいぐらいの温度がベスト
    夜お風呂でメイク落としをするときに、ついつい同じお風呂と温度でやっていましたが、これだと乾燥していってしまいます。
    お湯で食器洗いしていると手荒れしていくのと同じ原理なのですね。
    つい楽な方を選んで、いつしかそれが当たり前になっていました…。

W洗顔不要ってどうなんだろう?

これまで私は、W洗顔不要のクレンジングバームをかれこれ3年ほど使用していました。 マスカラもこれで馴染ませると落ちるし、洗顔とクレンジング一緒にできるのは時短になるから便利でもあるんですよね。 W洗顔でも生きていくだけなら問題ないのですが、より綺麗なお肌になるため、クレンジングと洗顔の概念を学びました。
  • クレンジングは、化粧品や日焼け止め、皮脂汚れなどの油性の汚れを落とすもの
  • 洗顔は、ホコリや花粉、塵などの水性の汚れを落とすもの
私が使っていたバームタイプのクレンジング、これは脂を油で浮かせているので、お肌に優しいぬるま湯では洗い流すことが難しく、お肌にバームの脂が残ってしまうのだそうです。 これを落とすためには、お肌が乾燥してしまうような熱いお湯になってしまうため、とても負担がかかってしまいます。 また、W洗顔不要タイプであっても、クレンジングはメイクを落とすことに特化して作られているので、それが皮脂の詰まりや乾燥につながっていってしまうそうです。

クレンジング方法

おすすめのクレンジングはローションタイプのクレンジングです。 これをしっかり乳化させてから肌に乗せるということがポイントです。 クレンジングを手に取り擦ることで乳化させていくのですが、手が汚いと手の汚れを落としてしまってうまく乳化されません。 クレンジング前に手を綺麗に洗うことも大切なポイントです。 そうして乳化させて白くなったクレンジングを顔に乗せていきます。 このように、手のひらで乳化させることができて擦らず汚れが落とせる肌に優しいクレンジングは、モイスティーヌのクレンジングだけなのだそうです。 クレンジングを指導していただいている時、いつもの癖でつい擦って馴染ませようとしたくなったのですが、モイスティーヌのクレンジングは擦らずに手の平で顔を包み込むようにして押さえるだけでしっかり落ちていったので驚きました。 この時、強いもの(ウォータープルーフのものなど)を肌に乗せているときなどは、手についたクレンジングを一度流し、もう一度重ねてクレンジングを顔に乗せることでしっかり落としていきます。 これだとクレンジングは倍の量を使わなくてはいけないし、何度もやることで肌への負担も時間もかかってしまいます。 一番肌に優しいのは、水でも落とせるタイプの化粧品。 クレンジング一回で落とせるものを使用するというのも、お肌の負担を和らげるのですね。

洗顔方法

もちもちに泡立てた泡を顔に乗せ、泡でくるくるすることでお肌を洗っていきます。 お肌のキメは、山形パンのような形なのだそうです。 もちもちな泡だとこの山形パンの隙間に泡が入り込んでいくことでお肌綺麗に洗えるので、しっかり泡立てて洗うことがポイントになります。 モイスティーヌの石鹸で作った泡は、今まで体験したことないぐらいもちもちですごく気持ちよかったです。 体感10秒ほどで顔全体を泡でくるくるしたら、すすぎ残しがないようにしっかりすすぎます。 水を手のひらですくい、手のひらに顔を寄せるようなイメージでやるとたっぷりの水ですすぐことができました。 鏡を見て泡が残っていない確認しながらすすいでいきます。 その後すぐに化粧水を肌に乗せて、乾燥を防ぎます。

まとめ

”スキンケアで肌が変わり、肌が変わると人生も変わる”ということを今回の体験を通して実感しました。 クレンジング方法と洗顔方法はアドバイザーの方が横について教えてくださり、お肌についての豆知識や基礎中の基礎も丁寧に教えてくださったので感激でした。 クレンジングと洗顔だけでこんなに肌が白くなるなんて…!と驚きが止まらなかったです。 モイスティーヌでは、3回まで無料体験することができます。 モイスティーヌは、専属のアドバイザーがつき、自分で洗顔やホームケアを行い綺麗な肌にしていくという”お肌のライザップ”なのです。 洗顔指導もアフターフォローもとっても丁寧にしてくださるので、「本当にこんなにやってもらって無料でいいの?」と思わず疑ってしまうほどでした。 お肌綺麗になりたい方、洗顔の基礎を知りたい方は、ぜひ体験へ足を運んでみてください。

コメント

このブログの人気の投稿

謎解きの魅力

免許証の裏面で意思表示してみた