梅雨ってどうしてしんどくなるの? [偏頭痛、イライラ、不安の原因]

梅雨の時期になると体が不調を起こしやすい傾向にあります。 なぜ梅雨は調子が悪くなるのか、どう対策したら良いのかを学んでこの梅雨の時期も心地良く過ごしていくコツを学ぼうと思います。

なぜ梅雨の時期は不調を感じるの?

セロトニン不足

まず雨が続くと日光が少ないのでセロトニンが活性化されません。 そのことにより、なかなか脳がシャキッとしないということが不調の原因としてあげられます。 人間の体は朝起きた時に朝陽を浴びることでセロトニンが活性化され、体内時計が正常に動くようになっています。 このセロトニンが不足すると、意欲や向上心が低下し、どんよりした気持ちになってしまうのですね。 日光を浴びると言うこと以外でセロトニンを増やすには、朝ごはんを食べること。 そしてその時におすすめなのは、セロトニンの活性化に必要な栄養素(トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物)をすべてバナナが良いのだそうです。

低気圧

低気圧があることも、梅雨の時期に体が不調を起こす原因です。 耳の中ある”内耳”という部分が気圧を感じ取り、自律神経が変化します。 この時に自律神経が乱されることによって、気持ちがイライラしたり不安になったり、また頭痛や古傷が痛むなどといった症状が起こるのです。

どうして低気圧があると偏頭痛が起こるの?

低気圧により、偏頭痛が起こる時があります。 これは普段よりも体に気圧がかかることによって、血管が膨張することで起こるのです。 血管が誇張され、それが神経へと伝わり、頭痛を感じたり傷の痛みを感じやすくなるのだそうです。

まとめ・あとがき

  • 梅雨の時期にどんよりした気持ちになってしまうのは、セロトニン不足と低気圧が原因。
  • セロトニン不足にならないためには、朝食をしっかり食べること。メニューにはセロトニン活性化を助けてくれるバナナがあると良い。
  • 内耳が低気圧を感じ取ることで自律神経が乱されると、気持ちが不安定になる。
乗り切ろうとばかり考えるとよりそのことばかり考えてしまってよりしんどくなってしまうのですが、状況の細かな理屈を知ると諦められる気がします。 そして原因や根っこの部分が理解できたら、あとは「じゃあどうする?」と考えると、次に進めると思います。 ということで次回は、低気圧を感じやすい人はどう過ごすと楽なのかを書いていきたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

[クレンジングと洗顔方法] 美肌になりたい!

謎解きの魅力

免許証の裏面で意思表示してみた