苦しいことを乗り越える方法

成長するのを山登りに例えると

何かを乗り越えて成長しようとしている状況を、山登りで例えたいと思います。 苦しい山を登り切った後は、間違いなくのその山に登る前と比べて、精神的にも、体力的にも、成長していると思います。 再び山登りにチャレンジしようとした時には、『この前できたからできる!』という自信にもなりますよね。 それに加えて、前回の山登りでつかんだコツや、時間配分の目安がわかっているので、もしかすると前回よりも楽に登ることができるかもしれません。

新たな挑戦にはこれまでの経験が活かされる

私の母は23年ほど、専業主婦として、6人家族の生活を支えてくれていました。(いつもありがとうございます。) そんな母は、1年程前から保育園の調理室で働いています。 仕事が始まったばかりの時、母は「ずっと家で家事をしていたから、少し洗い物が増えたぐらいで、そんな大変じゃない!やってみたらなんとかなったよ!」と話していました。(すごい) 母がそれまで毎日休みなく”大家族の専業主婦”をやっていたからこそ、その経験が新たな場所で役に立ち活かすことができたのですね。 先ほどの山登りの例で言えば、山をいくつも登ってきた母だからこそ新たな山もひょいっと登れたような感覚だったのかもしれません。

時間が過ぎていくのを待つことで乗り越えられることもある

私は学生の頃、口内炎がとてもできやすい体質でした。 口内炎ってできてしまうと、治るまでに何日もかかるんですよね。 話したり笑ったりすると痛いし、食事をするのもしんどいし… こうやって口内炎があるだけで、なんだか後ろ向きな考えになってしまうことも。 なので、これはチャンス!と思い、”痛い中でもどれだけ前向きに過ごせるかチャレンジ”をしたことがあります。 そのチャレンジの中で編み出した合言葉、それは”今がピーク”です。 「”今がピーク!!"だから今日を乗り越えれば明日は楽になっていく」と毎日唱えて過ごしていくと、ある日突然口内炎の痛みを感じなくなります。 この場合には口内炎が治ってきたから痛みも引いたということなのですが、このように、時間が経てば痛みや苦しみを乗り越えられることって他にもたくさんありますよね。 無理に立ち向かう必要のないこともありますが、乗り越えた先には昨日の自分よりもレベルアップした自分が待っているのだと思います。

小さな成長を繰り返していくと積み重なって大きな成長となっている

成長していくには、新しい挑戦が必要です。 山登り未経験の自分にも登れるような小さな山からチャレンジしていくとします。 よし登れた!楽しかったからまたのぼりに行きたい!そして次はまた一回り大きな山にチャレンジします。 それを積み重ねていくことで、やがて最初は思ってもいなかったぐらい高い山にも登ることができるようになっていくのです。 誰しも新たなことをしていく時には、不安や心配事、やってみないとわからない部分などがあると思います。 しかし、母も言っていたように、”やってみたらなんとかなった”ということもあるのです。 やっていくうちにだんだんとコツを掴み、そのことに慣れていき、気がついたら目を瞑ってでもできるようになることもあるのかもしれません。

まとめ

目の前のことを乗り越えることに集中していると、気がついた時には大きなものを乗り越えることができているというお話でした。 嫌だなあ、しんどいなあ、苦しいなあ、を乗り越えると、その後にやってくる試練を楽に感じられるかもしれません。

コメント

このブログの人気の投稿

[クレンジングと洗顔方法] 美肌になりたい!

謎解きの魅力

免許証の裏面で意思表示してみた